HOME > 出力サービス > 加工技術

加工技術

のぼりや横断幕は、加工を施すことで、より一層の宣伝効果を発揮することが可能になります。当社では、各種加工技術によって、様々なのぼり・横断幕を製作しております。

こちらでは、当社が誇る加工技術の数々についてご紹介いたします。

縫製加工

(通常ののぼり図)のぼりを縫製する場合は、ポールを通すための「チギレ」と呼ばれるテープを縫い付けます。一般的には、上部に3つ横に5つ縫い付けることが多いでしょう。

周囲はホットナイフでのカットになります。


溶着加工

(溶着加工図)溶着加工とは、熱を加えることによって溶着させる加工方法です。

生地がターポリンなどの場合は、棒を通すための袋を作る際、溶着加工を行います。


ハトメ加工

(ハトメ加工図)ハトメ加工は、横断幕やフラッグなどを固定する際、紐を通すための穴にハトメ金具を取り付ける加工です。


ラミネート加工

(ラミネート加工図)ラミネート加工は、看板の表面にフィルムを貼り付ける加工方法です。

フィルムを貼ることによって、看板の表面保護力を高めるため、屋外用や長期使用する看板にもってこいといえるでしょう。

また、紫外線から保護するという効果もあります。


お問い合わせTel:06-6719-7811/Fax:06-6719-7611 [お問い合わせフォーム] [お見積りフォーム]

PAGE TOP ▲